【iHerb週間特別セール】

今週の20%OFFブランドは こちらの6つ

対象のK-Beautyが20%OFF

対象のお茶・ハーブティーが20%OFF

iHerbブランドMadre-Labsが20%OFF

【新規割引】

iHerbでは紹介クーポンコードを入力してお買い物をすると、初回10%OFFを受けることが出来ます。

iherbgnb892※リンクをクリックでクーポンコード入力済みのiHerbサイトが開きます。

 

目指せ美肌。悩みだったニキビとアトピーを治した話。

投稿日:2016年11月5日



私は子供の頃から肌が弱く、関節の裏や首などに出る軽度のアトピー、大人になってからは、顔と背中の慢性的なニキビに悩まされ続けてきました。

 

肌をきれいにする為に、化粧品やエステ、皮膚科、美容器具などなど…お金と労力をたくさん使いました。

私の奮闘した形跡がこのブログの主になっているようなものです。

 

今でもたまにニキビやアトピーがでるけど、肌のトラブルで悩まされる事はほとんどなくなりました。

カバー力の強いファンデやコンシーラーだってもういらないし、繊細な色のチークだって楽しめる。
背中のスリットが深めのワンピースだって問題なく着られるように。

 

 

私のように長く肌荒れを患い、色々な方法を試していると、
化粧品や塗り薬など、外部的なアプローチは気休めに過ぎず、もっと体の内部の根本的な問題にアプローチしなければならない。というのが分かってきます。

 

かなり長くなりますが、今回は私のニキビとアトピー奮闘記を備忘録として書いていきます。

私が試して効果があった方法なので、全員の方に同じように効果がある訳ではないと思いますが、肌荒れに悩んでいる人のヒントに少しでもなるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

まずは私の肌荒れスペック。

 

アトピー

中学〜高校生の時が一番酷く、関節裏や首、脇腹などの部分的なアトピー。
掻けば広がるし、我慢も出来ない。痒くて寝られない夜も。

思春期はニキビは一切なく、アトピーも顔には出なかったので顔は綺麗な状態でした。

 

18歳くらいからからは、体調を大きく崩したり肌に大きく刺激を受けた時以外ほとんど出なくなり、就職するまではほぼトラブルなし。かなり綺麗な状態を保っていたのですが…。

 

ニキビ

就職をしてニキビ大発生。
ニキビが顔から背中、脇腹まで、ひどい時はデコルテまで広がる。

顔も背中も真っ赤か。背中のニキビの毛穴から謎の黒くて硬い塊が出ることも。(酸化して固まった皮脂らしい…。)あれはショックだった。
思い出すだけでテンション下がりますね(涙)

顔は26歳くらいまで、背中は30歳くらいまで悩む。

 

 

こんな状態から、

Aさん『肌きれいだよね。ファンデ何使ってるの?』

私『今日はファンデは使ってないよ、ルースパウダーだけ。』

なんてやりとりする状態まで回復。

 

”ファンデーションは使ってません!”ずっと言ってみたかったんだよね。
(このネタを知っている人はアラサー以上でしょうか。)

 

 

アトピーやニキビアレルギーの原因は?

 

私の場合、アトピーのかゆみや発疹、ニキビや肌荒れは、内臓にたまった毒素が根本原因になっていたようです。※内臓に溜まった毒素は添加物や科学成分と考えています。

さらに、肌の清潔を保とうと、一生懸命洗ったり除菌したりすることで、肌を守ってくれる良い菌までも殺してしまっていて、肌のバリア機能も弱い状態になり逆効果となっていました。

 

一般的に、皮脂や真菌(カビ)、ハウスダスト、ダニなど、外敵要因が原因と言われています。

 

それはそうなんですが、顔を洗わなくてもニキビができない人、スナック菓子ばっかり食べててもアトピーにならない人だっているわけです。

そんな人は、肌のバリア機能が強い(良い菌が元気)なのはもちろん、毒素を取り込まない、もしくはしっかり排毒する元気な内臓を持っているのではないでしょうか?

→皮脂やカビを殺菌してケアするのも大切ですが、根本原因は自分の体の機能(内臓)かもしれない。

 

アトピーもニキビの根本原因は内臓、そして…

アトピーもニキビって別物だと思ってたんですが、私の場合大元の原因はたぶん同じだったんです。

調べてみると、花粉症などのアレルギー、ぜんそくや自律神経、メンタルバランスを崩しやすい人も、内臓の弱さ、原因は同じとも言われています。

 

要は毒素が何処にどうでるか。
※一番弱いところから出るみたいなことを聞いたことがあります。

私の場合、今までアトピーとして現れていた毒素が、ニキビに変わったんだと思います。

 

 

就職してからは外食も増えて、高価な化粧品やシャンプーを使うようになり、体内の毒素は増える一方。

さらにストレスで便秘になって、もともと弱い胃腸もさらに弱って排毒機能が低迷。
毒素は増えてるのに、排出がほとんどできていない状態。

そして出て行く先のない毒素が一番弱い所(私の場合肌だったのでしょう)から噴出!ニキビ大発生!
仕事が激務とストレスのピークを迎えた頃は、肌荒れに加え、大人なのに喘息になり、メンタルも壊れました。今思い出すと、若いのにホントよく頑張ってたな…としみじみ。

 

わかりやすいよう表にしてみましょう…。

 
添加物・科学成分(毒素)
もともと胃腸が弱めな私ニキビ発生!
洗浄や殺菌で一生懸命ケア
肌バリア崩壊!
 ↓
外敵要因にも弱くなり、ニキビ悪化
 ↓
 綺麗になりたくて様々な化粧品・シャンプーを使う
 ↓
さらに科学成分(毒素)漬けに
 ↓
解毒機能を持つ肝臓がオーバーヒート!
 ↓
 さらに肌荒れ悪化!他にも様々な不具合発生!
こんな感じでしょうか。

 

・綺麗になりたくて、高価な化粧品やシャンプーを使い内臓の毒素を増やしていた。
・綺麗になりたくて、一生懸命洗って肌バリアが壊れ真菌などの刺激に弱くしていた。

→綺麗になりたくて頑張っていたことが仇になっていたようです。

 

”ズボラな人が肌のほうが綺麗”だったりする。の謎が解明できそうな気がします。

ただ、この辺はバランスが難しく、色々なパターンがあると思いますが、頑張っているのに肌トラブルばかり…な方。

一度、”ズボラ美容”してみてもいいかもしれません。

 

 


スポンサーリンク

 

ここからはニキビの話に偏りますが、根本の原因は同じと考えているので、それを踏まえて見ていただければと思います。

 

ニキビが劇的に治り始めたポイント

 

ニキビが良くなったポイントを時系列で書いていきます。

 

① トレチノインを使い始めた。

25歳くらい。ターンオーバーを強力に促す薬。
新しい肌に生まれ変わるし、ニキビの枯れが早いので、今でもポイントで使ったりします。

 

初めてトレチノインを使用した時は、転職を機に休職期間中に行いました。
ものすごい勢いで皮膚が生まれ変わりました。

新しい皮膚がどんどん生まれてくるので、古い角質(薄皮)が剥がれて、顔中皮向け状態。

trc
これ↑最近やった時の画像。特に激しく剥ける口元です。

毎日こんな皮向け状態ではないにしろ、ダウンタイム必須
大変だったけど、日に日に新しい綺麗な肌が出てきたのは嬉しかった。

 

今も肌をリセットしたい時に行いますが、一週間くらいの短期間でやってます。
トレチノインを塗り始めて3日くらいで皮が剥け始めて、剥け始めたら塗るのをやめると3、4日で皮剥けが終わるので外出できないのは3日間くらい。※個人差あり!特にトレチノインが肌になれてないともっとかかる可能性も。

トレチノインのケアについては今度詳しく書きたいと思っています。

 

少しだけどこの記事にも書いています。


メリット出来てしまったニキビを早く治す、にきび跡の緩和など、肌表面を綺麗にする効果は覿面。
デメリット刺激が強い、ダウンタイムが必要。根本をケアするものではないので、またニキビができる可能性がある。
 

 

② 美容皮膚科のフォトフェイシャルへ通う。

26歳くらい。ニキビへの効果大!美肌効果も最上級だけど、これも続けないと意味なし。しかもめちゃ高いところだったので金銭的に続けられない。
スペシャルケアのためならおすすめだけど(今ではアンチエイジングの為にたまに行ってます。)、ニキビを治す場合だと、エンドレスでお金がかかるのでおすすめできない。
そして安いところはやっぱり効果イマイチだった。

 

ニキビ治療としてではなく、ある程度ニキビが治ってきて、ニキビ跡の改善、肌質向上など、仕上げのために行くといいかも。

私が受けたのはフォトフェイシャル(フォトRF)とポラリス(今はリファームST)に毛穴の掃除とイオン導入がセットのコースを6回。

フォトRFは、ニキビ跡の色素沈着やシミも取れるので、肌の印象が変わります。
ニキビが治ると次はシミが気になるってもんです。そうこうしているうちにシワやたるみ…。悩みはエンドレスですね(笑)

 
メリット絶大な美肌効果(ニキビ・毛穴の引き締め・ハリアップ・シミや色素沈着の除去)
デメリットとっても高い、続けないとあまり意味ない。
 

 

③ 漢方を飲み始めた。

27歳くらい。顔のニキビはたまに酷くなるものの、だいぶ綺麗になり、にニキビを完全に撲滅するために漢方を飲み始める。

特に効いたのがデトックス効果のある十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)
顎周りへのニキビに効果覿面!この頃からか顔のニキビの悩みはほぼ解消される。

 

漢方を処方してくれた皮膚科の先生はとても親身に相談にのってくれて、やっといいお医者さんに出会えたな〜と思っていたんですが、引越しの為通えなくなる。そしてご高齢だった先生も引退。

 

漢方は薬局で買うとちょっと高いけど、皮膚科で処方してもらうと安いです。

昔アメブロでブログを書いていた頃、漢方のことを書いていたので、掘り起こして再度アップしようと思います。

 
メリット値段が手頃で続けやすい。体全体の排毒(デトックス)になる。
デメリット漢方は合う合わないがある。

十味敗毒湯

スクリーンショット 2016-05-18 20.13.54 皮膚の赤みやカユミを発散して、腫れや化膿をおさえます。
また、そのようになりやすい体質を改善。
殺菌作用があって毒素を流す作用がある。


Amazon
楽天
 

 

④ マラセチア菌の除去、程よい殺菌を心がける。

28歳。新生活がはじまり、住む家が変わり、ベッド、寝具を新調。
いままで全く変化のなかった背中のニキビが治り始める!

 

元々の家が不衛生だった訳ではないはずなのですが、人以上に真菌(カビ)に反応しやすいことがわかる。

 

というか背中はニキビというか、マラセチア毛包炎だった。

マラセチア毛包炎はニキビと間違えやすく、マラセチア菌は真菌(カビ)の一種でニキビと同じ治療では治らない。(ニキビの菌はアクネ菌)


有効とされているのが真菌専用の抗菌剤。


そういえばカンジタ治療用の抗生物質を飲んだ時に一時的に背中のニキビが治ったことがあったのを思い出す。(カンジタも真菌)

 

マラセチア菌は湿気を好むので、私の長年使っていたマットレスはマラセチアの住処になっていたのでしょう…。
新しいベッドや寝具にしたことでリセット出来て、背中のニキビ(マラセチア毛包炎)が良くなったというからくりだったと思います。

 

ちなみにマラセチア菌もアクネ菌もカンジタ菌も誰の肌にもいる常在菌なんです。

普通の状態では悪さはしないが、体調を崩したり、常在菌のバランスが崩れてしまうと、マラセチア毛包炎になったりカンジタになったりするわけです。


つまり殺菌をしすぎても良くないってことです。


 

 

【マラセチアの住処にならないようにした事】

 

・マラセチア菌は、湿気、皮脂が大好き。

→毎日背中に当たる部分にバスタオルを敷いて毎日変えるなどを実行。
もちろん枕カバーもパジャマも毎日変える。

雨の日にジメジメしてカビが増えないようにプラズマクラスターつき除湿機をフル稼働。

タオルやバスタオルは生乾きは絶対厳禁、生乾き臭が一度でも出てしまったタオルは、なにかしらの菌が住み着いてしまった証拠。速攻煮沸消毒!

方法はこちらの記事で↓



・真菌専用の抗真菌薬を使うのが有効。

→真菌に効く薬…。
かなり無理矢理ですが、カンジタ用に産婦人科でもらった軟膏を塗ってみたらビンゴでした。
ニゾラルクリームというものだったので、同じものを購入。口コミを見ると、マラセチアに使っている人が結構いた。
一時的ですが結構良くなりました。

とはいえ、良い菌まで殺し続けていては元の木網。

ある程度集中的に背中を殺菌してからは、皮膚に塗るのは控え、精製水に溶かしマットレスに吹きかけたり、寝具を洗うのに柔軟剤に混ぜたりするのに使いました。

 

 

ニキビが良くなった今では背中のバスタオルはしなくなりましたか、毎日枕カバーとパジャマを変るのは続けています。

そしてニゾラルクリームはやめて、毎回柔軟剤にグレープフルーツの種から摂取できる天然の殺菌剤を混ぜています。
プラズマクラスター除湿機も大活躍。

 

ポイントとしては、最初にガツンと殺菌したらそのあとは適度な殺菌を心がけけること。

菌には肌を守ってくれる良い菌もいます。
菌のバランスが整っていれば悪い菌が横行しないように、良い菌が働いてくれます。

しっかり除菌するのはファブリックだけにすること、除菌剤は科学成分を使わずに、自然成分のものか高温除菌にすること。

 
メリット背中や、デコルテなど身体に出来るニキビに有効。正しく清潔にすることで精神衛生上にも良い。
デメリット 殺菌しすぎは逆効果。少し手間がかかる。
 

 

⑤ 南国にプチ長期滞在。

マラセチアのケアをし始めて間もなく、南国へプチ長期滞在。

背中のニキビが治り始めていたこともありましたが、数日間の滞在で見違えるくらい背中がきれいに。

 

滞在中はほとんど海で遊んでいました。ほぼすっぴんで日焼け止めのみ。スキンケア・ヘアケアもサボり、ほぼ現地の人化。
帰国する頃には日焼けしているもの、ニキビが治って毛穴まで綺麗に、肌ピカピカ。

 

思い返してみれば、今までも
海に行くと肌荒れ良くなっていた
ような…。

ジュクジュク湿気と熱を持ったニキビが、乾燥してかかさぶたのようにポロリと取れたり。
炎症してボコボコ腫れ上がった痒いアトピーがいつの間にか鎮火していたり。

 

美容とは程遠い生活をした数日間。

カビとは無縁のカラッとした南国だから?

それにしても何もしないほうが綺麗になるってどういうこと?
海にも何かヒントがありそうだ。

 

 

 

⑥ シャンプーやボディーソープを化粧品。全部やめて塩浴を始めた。

ビーチリゾートへ旅行に行くと肌荒れ良くなる。
海に何かヒントがあるのかも?

 

気になっていた海水のことを調べ始めると、同じようにニキビやアトピーで悩む人が集まる”塩浴”という入浴方法の過去スレを見つける。

 

シャンプーとボディーソープ、化粧品を全部やめて、全身塩で洗うようになったら、

あんなに悩んでいたニキビがあっけなく治り始めました。


確実に今までで一番の手応え

 

肌が蘇って化粧水やボディークリームもほとんどつけなくても良くなって、まるで子供の頃の肌に戻ったよう。

 

塩水の浸透圧で毛穴の汚れや皮脂を引っ張り出し、続ける事でニキビやアトピーとして出る前に毒素を体外に引っ張り出すデトックス効果も。


穏やかな塩の殺菌力とミネラルの栄養が、常在菌や皮脂のバランスを整え
、ニラゾルクリームなど使わなくても良い状態に。嬉しい事に塩浴を始めてからカンジタになる事もなくなりました。

 

憧れの(?)”何もしてないのに肌が綺麗”な人に近づきつつあります。

 

とはいえ、ニキビがだいぶ良くなったなと思えるまでに3ヶ月、完全に出来物がなくなるまで半年、にきび跡がほとんど目立たなくなるまで1年以上かかりました。

ニキビがそれなりに良くなるまで塩が傷にしみて、痛くて痛くて辛かったけど、どんどん良くなっているのが嬉しくて頑張りました。

 

塩浴の方法については過去に書いているのですが↓詳しい奮闘記も今後書こうと思っています。



一時期はシャンプーも塩浴だけにしていたのですが、さすがにベタつくので塩浴+超低刺激のシャンプーを使っています。

デリケートゾーンや足の裏など、ど〜しても石鹸を使いたい時はヤギのミルクの対刺激石鹸。
思っている以上に塩で綺麗になるので、石鹸を使いたいと思う事はあまりないです。

この辺もまた今度詳しく書きます。

 
メリット 全身の肌の悩みが解消した最大のポイント。
デメリット 良い香りのふわふわな泡とは無縁に。

Everyday Shea, シアバターシャンプー

Everyday Shea

これがないと困る!超シンプルな成分のシャンプーです。


iHerb
Amazon

Indigo Wild, Zum Bar, Goat's Milk Soap, Almond

indigo-wild-zum-bar-goats-milk-soap

人肌と同じphのヤギのミルク石鹸。優しい肌あたりです。


 iHerb
 Amazon
 

 

 


スポンサーリンク

 

 

⑦ フラックスシードオイルを積極的に取り入れるようになった。

ここから一気に最近の話になります。

塩浴で肌の調子も上々だけど、たま〜に出るニキビやアトピーの炎症沈静に効果覿面。

肌もふわふわしていい意味で脂を帯びた肌に。


 

調べてみるとオメガ3オイルはアトピーにはとても重要なオイルで、オメガ3オイルの中でも特にフラックスシードオイルが良いとされている。

肌に熱を持ったり、なんとなく痒いニキビが出来そうな予感…出来てしまった時も、しっかり目にフラックスシードオイル飲むと翌朝には鎮火していたり。

オメガ3オイルと肌荒れの話は重要なので次の記事に詳しく書きたいと思います。

 

初めて飲んだ時はリキッドタイプを飲んでいたのですが、今では毎日気軽に飲めるようにソフトカプセルタイプで摂取しています。

飲み始めた頃の記事はこちら。


 

 

⑧ 肝臓のデトックスサプリメント、グルタチオンを飲む。

数ヶ月前〜。

なぜ塩浴がこんなにも効果があったのか、今まで使っていたシャンプーやボディーソープなどはなんだったのか?
効果のあるサプリメントの種類、今までの体験と擦り合わせて調べていくと全ての根本原因は内臓になることがわかってきた。

タイミング良く(?)消化器科にお世話になる事があって、肌荒れやメンタルまで内臓が関係していることがあると先生に教えてもらう。

 

美容の情報収集は、化粧品ではなく、内臓・デトックス・消化・食事関係に。

現在は胃腸や内臓をいたわることを自分なりに工夫して行っています。

 

最近ではほとんどトラブルはないのですが、たまに変なもの食べたり使ったりすると出るけど…。(先日も付き合いで行った美容院でいつものシャンプーじゃないの使ったら関節裏の痒みが出た。)

 

 

肌荒れが出てしまった時は、デトックス系のサプリメントを摂取し、なるべく胃腸に優しい食事を心がけ、フラックスオイルをいつもより少し多くとる。

 

アトピーの痒みが出た時は松の葉オイルを使用。個人差はもちろんあると思うけど、私にとっては一番痒みを抑えてくれる救世主。

 

デトックス系のサプリメントは断然LypriCelのグルタチオン。
ニキビにもアトピーにも、炎症の鎮静が早い。肌のキメが整うのも嬉しい効果。
 

こんな感じで奮闘してきました。

 

肌荒れはほとんど起きなくなったけど、たまに出てしまった時も対応が適切に出来るようになり、治りも断然早くなった。

現在具体的に何をしているかなどは、次の記事にまとめますね。
 

まとめ

 

"お肌は内臓の鏡"

肌が綺麗というか、内臓が綺麗で元気。

だから美肌。

 

お肌表面のケアはほどほどに!
特に洗いすぎ殺菌のしすぎに注意、肌を守る良い菌もいるのでその子まで殺さないこと。

そして科学成分や添加物を体内になるべく取り込まない、もしくは排毒(デトックス)を促すケアをする、そして内臓を元気にすることに着目します。

 

長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ブログランキングに参加しています。1日1回、応援のポチ!お願いします。

にほんブログ村 美容ブログ iHerb生活へ
にほんブログ村iHerbランキングへ


オーガニック化粧品 ブログランキングへ

いつもありがとうございます。


スポンサーリンク




【iHerb 日替わりセール】
sale
今日の日替わりSALE商品はこちらから


what-is-iherb

新規購入者10%OFF紹介コード【GNB892】リンククリックでコード入力済みのiHerbサイトが開きます。

※当ブログすべての内容について、正確な情報の確認は各公式サイトにてお願いしております。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この情報をSNSでお友達にも教えてあげよう!

Copyright© kiko labo *iHerb生活* (アイハーブおすすめブログ) , 2016 AllRights Reserved.