【iHerb週間特別セール】

今週の20%OFFブランドは こちらの6つ

対象のメイクアップツールが20%OFF

対象の風邪・インフルエンザ対策が15%OFF

【プロモコード】

プロモコードGET10で40ドル以上の購入全品10%オフ!

コードクリックで割引コードが買い物カゴに入ります。

what-is-iherb-couponcode-gnb892

この割引は、紹介コードGNB89210%割引とプロモコード10%割引です。

※リンクをクリックでクーポンコード入力済みのiHerbサイトが開きます。

 

美肌を作る 塩浴の方法(背中ニキビ・毛穴の黒ずみ・アトピー肌に)

投稿日:2015年10月10日

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-14-13-53
”塩浴”って聞きなれないと思いますが…。

とってもお勧めな美容法なんです!

 

塩を使ったちょっと変わった入浴法なのですが、私は肌が蘇りました。

 

ずっとずっと悩んでいた慢性的な背中のニキビがあっけなく治りました。

毛穴もキレイになって化粧水やボディークリームもほとんど使わなくても肌が自然と潤う状態に、

まるで子供の頃の肌に戻ったようです。

 

今まで使っていたボディーソープやシャンプー、化粧品はなんだったのか?

全部まやかしだったの?化粧品への考え方も変わるくらいの衝撃を受けました。

 

合うか合わないがあるとは思いますが、塩があれば出来るので一度試してみてほしいです。

 

  • 特に、私と同じようにニキビやアトピーなど、努力してるのに良くならない肌荒れに悩んでいる人に…!
 

今回はそんな”塩浴”について書いていきます。

984058d30032ea8fabe272b8abb738c9_s
 

スポンサーリンク

 

◆ 塩浴とは何?効果は?

飽和状態の濃度の濃い塩水を使った最強のデトックス法です。

塩水の浸透圧の力で体内の老廃物毛穴の汚れ引っ張り出し、塩の殺菌作用で肌を清潔にし、ミネラルの力で肌に栄養を与え、肌本来の機能を正常に戻します。

浸透圧:濃度の低い溶液が、濃度の高い溶液へ移動する水圧のこと。

 

ゆっくりと全身を濃度の濃い塩水でマッサージすると、段々とぬめりのある汗が噴きだしてきます。

 

ぬめりのある汗の正体は?

→酸化した皮脂、アレルゲン、炎症の原因物質、不要金属等、体内に溜まった不要物。

つまり、肌荒れや血行不良、体臭など、様々なトラブルを引き起こす体内毒素です。

 

 

肌の機能が正常化

塩はあくまでも、肌自らが不要なものを出す手伝いをするということで、洗剤のように、汚れと一緒に必要な皮脂まで落としてしまうことがないんです。

なので、肌の潤いは保たれ、毒度が出た後に出てくる皮脂はキレイなものなので、天然のボディークリームに。

 
  • 塩浴を続けると、肌のバリア機能、保湿機能も蘇り、化粧水やボディークリームもいらなくなってくるわけす。
    肌の機能が正常化し、ターンオーバーもしっかりされて角栓なんかもできなくなってきます。
続けるとリンパ液まで綺麗になり、デトックス効果もかなり感じることができます。

※私は、ムワっとした経血の匂いがほぼ無臭に近くなる位デトックスされました。
(経血の匂いの原因はリンパ液の汚れと言われています。)



 

私が感じた効果

  1. 全身のニキビ・アトピーの緩和
  2. 体臭予防・改善(身体全体、頭皮など)
  3. 肩こり緩和
  4. 毛穴の黒ずみ解消→角栓がほぼ出なくなる
  5. 肌が潤う、キメが整う(化粧水・ボディークリームいらず)
  6. 経血の臭いの緩和(ほぼ無臭に)
  7. 生理痛改善
  8. 育毛効果(頭頂に産毛がふわふわと見えるように)
  9. 生理前や、風邪を引いた時に出るカンジタ予防・改善
などなど、これは私が感じた効果の例ですが、他にもたくさんの効果があるようです。

 
  • 芸能人なんかも来店する美容室の方に聞いたのですが、最近はお湯で身体を洗う石鹸立ちする人が女優さんや、モデルさん、美容関係者は多いと言っていました。
 

スポンサーリンク

 

ではでは、私が実際に行っている方法をご紹介します。

 

◆ 塩浴の方法

 

① 飽和食塩水をつくる

塩は自然塩・天然塩・天日塩と言われているものを使います。
※伯方の塩とか赤穂とか海水から取れたもの。岩塩もいいと思うけど海系の塩の方が私は調子よかったです。間違っても食塩を使わないように!

洗面器に500mlくらいお湯を入れて、塩を混ぜます。
ある程度入れると、お塩がどんなに混ぜても溶けなくなるので、そしたら飽和食塩水の完成。

そんなに神経質に飽和水溶液を作らなくても大丈夫です。ちょっと溶け残ってる塩を使うくらいの方が調子よかったり…。

 

私のお気に入りは瀬戸のほんじお

seto
瀬戸のほんじおは溶け残りが均等でじゃりじゃりしない。肌への刺激も少ない。

さらさらと均等に溶け残った塩を、特に気になる毛穴や吹き出物べたつく頭皮につけると効果覿面。

※なかなか均等に溶け残って肌への刺激が少ないものがないんですよね。
色々使ってこれに落ち着いてます。

 

② お風呂で温まる

シャワーだけでも大丈夫ですが、出来れば湯船で温まった方が毛穴が開いて老廃物が出やすいかと思います。

 

③ 飽和食塩水で全身を洗う

頭からつま先まで、上から下に手のひらで撫でるように身体全体になじませる。
※私は100均のプロテインシェーカーで混ぜて、こんな感じの↓ソースボトルに入れて身体にかけています。


 

身体をなでなでマッサージしていると、だんだんヌルヌルしてくる部分が出て来ます。

私は最初背中と胸、足の裏がぬるぬるしました。毒素が溜まってたんでしょうね…。
今は背中がちょっとヌメっとするかな?くらいに。

 

ちなみにアトピーやニキビがひどい人は最初苦行です。めちゃしみます(涙)でも出来れば諦めないで続けて欲しい…。

とはいえ、無理はいけないので肌が弱い人や炎症がひどい人は塩の濃度を薄めで始めてもいいかなと。

 

④ 身体の塩を流してもう一度湯船へ

塩の浸透圧で毛穴の汚れや詰まりがなくなる、身体も温まっているので、毛穴からどんどん皮脂が出ている状態。

 

 

⑤ 冷水で皮脂の分泌を止める。

※ここ重要!!

最後に最大の苦行。
冷たいシャワーを浴びて、これ以上皮脂がでないように固めます。

この時に出ている皮脂は、酸化したものではなく新しい綺麗な皮脂なので天然のボディークリーム。
冷水で固めれば皮膚の保護膜に!


水弾きのよい肌になります。

 

水浴びも慣れるまではちょっと冷たさを感じるくらいで良いかと。

あくまでも皮脂を固める作業なので、体温以下ならいいんじゃないかなと。
慣れると『冷水じゃないとダメ!冷水さいこー!』くらいになりますので(笑)

ちなみに、冷水をかぶることで自律神経のバランスを整える効果があるので、健康やメンタルにもよいです。
注意:水をかぶるのは手先足先からゆっくり、最後が心臓になるように。

 

以上で終了です。

 


スポンサーリンク

 

まず、すぐに現れた効果が、皮膚は潤っているのに背中が汗をかいてもサラサラ。
背中はどうしても皮脂が多い所だから、ベタベタは当たり前だと思ってたけど…違うのね(感動)

 

最初の頃はどんどんデトックスされていくのが楽しくて嬉しくて、夜だけでは足りず、冬の昼間にしっかり湯船につからず塩浴して風邪ひいたりもしました(笑)

皆さんもご無理せずに〜。

 

保湿は本来ならば自分の皮脂で行なえるもの

今までは無理に洗剤で皮脂を流してしまっていたので、必要以上に皮脂が分泌されてしまってベタベタしていたわけで。
脂取り紙で脂取りすぎると更に脂性になるの原理ですね。

 

塩は肌本来が持つ排泄機能の手助けをしているだけなので、必要な物をすべて流してしまう事がなく、肌がとても落ち着いていきました。
今は不要なものが排出されて、皮脂も正常に機能している状態というのが本当に実感できます。

kiko
化粧水も、ボディークリームもいらないんです。
だからって、ベタベタ皮脂が残って洗えてない感じは無し。
まるで子供の頃の肌に戻ったようです。


さすがに膝小僧なんかはカサつくことが多いので、オーガニックのシアバターをぬっています。

シアバターは人間の皮脂と近い成分らしいので肌の機能の妨げになりにくかなと思って使ってます。もちろん全身にも。

 

また言いますが、今まではなんだったのか?

一生懸命背中や顔を洗って、皮脂よごれと角質除去して、肌にも良いとされる高〜いオーガニックのシャンプーを使って、背中につかないように気をつけて流したり、風呂上がって背中殺菌して薬塗って、ボディークリームつけて…!

 

化粧品や、ボディーソープで、手入れをすればするほど肌の機能が落ちていくってどーゆーことだよ。

※最近菌活なんて騒がれてるけど、肌の常在菌も大いに関係していそう。強い成分で必要な常在菌まで死んでしまっていたんだと思う。

 

少々荒ぶってしまいましたが…。

今まで化粧品やシャンプーにつぎ込んでいたお金は、体の中から美をサポートしてくれる青汁やサプリメントにかけるようになりました。

 

効果の高いサプリメントでも買って、身体の細胞から綺麗になった方が、ボディーソープやクリーム、化粧品などで、一時しのぎの美しさを手に入れるよりも、長い目で見て良いのではないかな、と私は思っています。

 

ネットで調べてみると、アトピー、水虫、毛穴の黒ずみ、体臭、おしりのおでき、傷の治りが早い、育毛などに効果があるという声が多く見られます。

 

お金もそんなにかからないし、是非是非!色々な人に”塩浴”を試して欲しいなと思っています。

 


スポンサーリンク

 

◆注意点

私からの注意点としては、ぬるぬるする所やニキビがある所以外は毎日はしないほうがいいです。

やりすぎは肌が乾燥してしまう場合があります。
最初の1〜2ヶ月くらいは大丈夫だと思うけど、私は毎日全身してたら4ヶ月目くらいで、なんとなく肌の水分不足を感じ始めました。

 

と言っても、気持ちがいいし、目に見えてデトックスされていく感じが楽しくて、出来る日は1日2回とかやってたのでそりゃ乾燥するわって感じですよね。

何事もやりすぎは良くないですね。

慣れてきたら2日に1回にするなど、ご自分のお肌と相談して行ってみてくださいね。

塩浴の方法もやっていくうちに自分なりにしっくりくる方法が見つかると思うので、肩肘張らずにゆる〜くやってみるのがいいかもしれないです。

 

塩浴が定着してくると体が汚れにくくなってくるので、汚れやすい所だけ洗ってあげて、他はお湯で汗を流すくらいで十分さっぱりしてきます。

 

 

ちなみに、乾燥の仕方は不思議な感じで、カサカサ皮向けとか粉吹きは無く、肌表面は綺麗でツヤツヤしているんです。

言葉で表現するのが難しいんだけど、表面はトラブル無しだけど明らかにお肌が水を欲してるような肌の感覚。

汗をかき過ぎている状態に近いのではないかな?と思うので、冬は白湯、夏はお水を入浴前後に200ml以上づつは飲むようにしました。

水分補給!大切です。

 

塩だけで髪もからだも洗ってしまう新習慣 塩浴生活をはじめよう!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-17-37-25

私が塩浴を始めた頃はこの本はなかったのですが、のちに読んで理解が深まりました。


amazon
楽天ブックス
 

塩浴を使ったシャンプーのことも書いています。



 

ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 美容ブログ iHerb生活へ
にほんブログ村iHerbランキングへ


オーガニック化粧品 ブログランキングへ




スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

この情報をSNSでお友達にも教えてあげよう!

Copyright© kiko labo *iHerb生活* (アイハーブおすすめブログ) , 2016 AllRights Reserved.